NEWS

ニュース

展覧会「窓展(仮称)」を2019年秋より東京国立近代美術館にて開催

November 22, 2018

窓研究所は、東京国立近代美術館との共催で展覧会「窓展(仮称)」(2019年11月1日―2020年2月2日)を開催いたします。

「窓は文明であり、文化である」の思想のもと窓研究所が取り組んできた「窓学」では、建築、文化、芸術など、さまざまな視点から、窓の新たな可能性を探究してきました。視覚表現の分野では、絵画、映像、写真などを対象にした研究がこれまでに行われています。

東京国立近代美術館のキュレーションと窓学総合監修である建築批評家・五十嵐太郎氏の学術協力による本展は、マティス、クレーをはじめとするモダニズム絵画やカッティングエッジな現代美術から建築や歴史まで、「窓」をテーマにジャンルを横断する、日本初の試みとなる展覧会です。

作品展示のほかにも、窓学に参加する専門家や建築家らとの協業によるレクチャーやワークショップを開催予定。芸術に新たな窓を開く、窓研究所の試みにご期待ください。

東京国立近代美術館での会期終了後、本展は2020年7月より丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(香川県)へ巡回します。

第10回ロッテルダム国際建築映画祭上映作品に窓の短編映画「Transition of Kikugetsutei」が選出

October 9, 2018

早稲田大学 中谷礼仁研究室+瀬尾憲司監督による短編映画「Transition of Kikugetsutei」が、2018年 第10回ロッテルダム国際建築映画祭(Architecture Film Festival Rotterdam 2018)上映作品として選出されました。

中谷研究室と窓研究所が共同で取り組む窓学研究『柱間装置の文化誌』において、2015年に制作された本作。日本建築史上でも注目される建築物である、近世初期の大名庭園「栗林公園」(所在地:香川県高松市)内の御茶屋 『掬月亭(きくげつてい) 』を調査し、その魅力を短編映画という手法で映し出します。

映画祭の開催に先立ち、窓研究所公式サイトでは映画予告編を公開しております。詳細は下記URLよりご覧下さい。

[予告編公開ページ]
https://madoken.jp/research/study-on-hashirama-sochi/802/

 

内田祥哉 窓と建築ゼミナール【補講】開講

May 10, 2018

建築構法の第一人者である内田祥哉氏が、2015年から2年間にわたり、若手建築家・研究者に向けて“窓”を切り口に設計・構法の真髄を語りつくす講義を行ないました。その非公開講座全記録と、聴講者による総括座談会をまとめた書籍「内田祥哉 窓と建築ゼミナール」発行に続き、今回待望の生講義「補講」を開催いたします。

日時:2018年6月9日(土)14:00 – 16:30(整理券番号順に13:30より入場開始)
会場: YKK AP株式会社 YKK80ビル 80ホール
参加費:無料
定員:60名(当日12:00より整理券配布、先着順)
参加方法:当日12:00より、1階エントランス受付にて整理券を配布します。定員に達し次第、整理券配布終了となりますので、予めご了承ください。整理券をお持ちの方のみ、13:30より番号順に入場受付開始いたします。なお、整理券はおひとり様1枚(ご本人様分)のみとし、同伴者様分の整理券をお取りいただくことはできません。
※当日の整理券配布状況は、窓研究所公式twitter(@madokenjp)にてお知らせする予定です。

プログラム内容:
第一部 内田祥哉氏による講義 「和小屋の知恵とこれからの和小屋(和構法)」
第二部 内田氏とゲスト建築家によるディスカッション モデレーター:門脇耕三

ディスカッション登壇者:
青木淳
伊藤暁
加藤亜矢子
島田陽
長谷川豪
幹事:門脇耕三、戸田穣、藤原徹平
(50音順/敬称略)

アクセス:
YKK AP株式会社80ホール
東京都千代田区神田和泉町1番地YKK80ビルB1F
JR秋葉原駅昭和通り出口より徒歩約3分、東京メトロ日比谷線秋葉原駅 1番出口より徒歩約1分

 

窓学10周年記念「窓学展-窓から見える世界―」巡回展を名古屋工業大学にて開催

March 28, 2018

全国で累計約17,000人が来場!奥深き“窓”の世界を発信中!窓学10周年記念「窓学展-窓から見える世界-」巡回展を名古屋にて開催

2018年4月7日(土)~5月6日(日)
@名古屋工業大学 NITech Hall 1階ホワイエ(名古屋市昭和区御器所町)

~窓学総合監修 五十嵐太郎氏らが登壇のトークイベント 開幕日に開催~

YKK AP株式会社 窓研究所(所長:山本 絹子)は、窓学 10 周年を記念したエキシビション「窓学展―窓から見える世界―」の巡回展を 2018 年 4 月 7 日(土)から 5 月 6 日(日)まで名古屋工業大学(愛知県名古屋市)にて開催します。
YKK APは、「窓は文明であり、文化である」の思想のもと、2007 年から窓を学問として多角的に研究する活動「窓学」を研究者・建築家とともに実施し、建築、文化、アートなど様々な切り口から窓にアプローチしてきました。現在まで建築家の原広司氏、千葉学氏など 55 名以上の専門家と共に 50 以上のテーマで研究が行なわれ、それら 10 年の成果に焦点をあて「窓学展―窓から見える世界―」を全国で展開しています。約 15,000 人が来場した東京開催(2017 年 9月 28 日~10 月 9 日)の後、全国 5 箇所の大学ギャラリー(金沢工業大学、東北大学、名古屋工業大学、大阪市立大学、九州大学)への巡回を進めており、金沢工業大学、東北大学でも期間中多くの来場者が訪れました。名古屋工業大学での開催は、これに続く第三弾となります。
開幕日の 4 月 7 日(土)には、窓学トークイベントも開催します。建築批評家としても著名で、愛知県で 3 年に 1 度開催される国内最大級の現代アートの祭典「あいちトリエンナーレ」で 2013年に芸術監督の経験もある、窓学総合監修の東北大学教授・五十嵐太郎氏が登壇。名古屋工業大学准教授の北川啓介氏、若手建築家で大同大学講師でもある米澤隆氏と共に、奥深き“窓”の魅力をあますところなくお伝えします。

■展示のみどころ
歴史家や文化人類学者、建築家など多角的な視点で、「窓」をみつめなおした本展。伝統産業において窓の果たす役割を解明した「窓の仕事学」、漫画の中に描かれた「窓」から、時代の変化や窓辺の想像力を読み解いた「窓の漫画学」など、建築のみならず、産業、文化、サブカルチャーまで、幅広い年代、分野の方に楽しんでいただけます。

■トークイベントのみどころ
五十嵐太郎教授の研究室では、2007 年の窓学開始当初より研究に参加。窓の生産史を体系的にまとめた「窓の歴史学」、著名建築家による言説の中から選りすぐりの言葉を集めた「窓の格言学」など、文献から窓を読み解きました。トークイベントでは 17 世紀オランダの絵画や、漫画、映画などの調査を通して表象の世界に描かれた窓についても、豊富な事例と共に紹介します。研究と建築設計を手がける北川啓介氏、米澤隆氏らの窓へのユニークな視点もみどころです。

■開催概要
日時:2018年4月7日(土)〜5月6日(日)10:00-17:00
会場:名古屋工業大学 NITech Hall 1階ホワイエ(名古屋市昭和区御器所町)
入場料:無料、一般入場可
展示ディレクター:五十嵐太郎(東北大学教授/
建築史・建築批評家/「窓学」総合監修)
展示協力:東北大学 五十嵐太郎研究室
什器デザイン:西澤徹夫(建築家)
展示グラフィック:岡本健(グラフィックデザイナー)
WEBデザイン: 大輪英樹(PULP代表)
主催:YKK AP株式会社 窓研究所
共催:名古屋工業大学
特設ウェブ: madogaku.madoken.jp/exhibition/

■展示内容
YKK AP窓研究所が大学および研究機関の計8名の研究者と
共に10年間取り組んだ 「窓学」の研究成果を展示

・「窓の漫画学」五十嵐太郎(東北大学)
・「窓の環境制御学」小玉祐一郎(神戸芸術工科大学・エステック計画研究所)
・「窓の民族学」佐藤浩司(国立民族学博物館)
・「窓の仕事学」塚本由晴(東京工業大学)
・「窓の記録学」中谷礼仁(早稲田大学)
・「窓のものがたり学」原広司(原広司+アトリエ・ファイ建築研究所)
・「窓の進化系統学」村松伸+六角美瑠(東京大学)

■窓学トークイベント
「窓の歴史と意匠にせまる」―窓学総合監修の五十嵐太郎氏が振り返る「窓学」の 10 年―
日時 2018 年 4 月 7 日(月)15:00-(開場 14:30-)
会場 名古屋工業大学 NITech Hall
入場料 無料、予約不要、一般入場可
登壇者 五十嵐太郎(東北大学教授/建築史・建築批評家/「窓学」総合監修)
米澤隆(大同大学講師/米澤隆建築設計事務所主宰)
モデレーター 北川啓介(名古屋工業大学准教授)

■アクセス
[ JR東海中央本線 鶴舞駅下車 ] 名大病院口よりNITech Hallまで徒歩約7分
[ 地下鉄鶴舞線 鶴舞駅下車 ] 4番出口よりNITech Hallまで徒歩約10分
[ 地下鉄桜通線 吹上駅下車 ] 5番出口よりNITech Hallまで徒歩約10分

テレビ朝日系 タモリ倶楽部「マニアと行く!妄想ワールドツアー」にYKK AP窓研究所 所員が出演

February 28, 2018

今週金曜深夜放送予定 テレビ朝日系 タモリ倶楽部「マニアと行く!妄想ワールドツアー」に、YKK AP 窓研究所 塚本晃子が出演します。
世界中の窓の情報をもつ「窓マニア」として、MCのタモリ氏をはじめ様々なマニアの方々とトークを繰り広げます。是非ご覧下さい。

「タモリ倶楽部」2018年3月2日(金) 深夜0時20分~深夜0時50分 放送
http://www.tv-asahi.co.jp/tamoriclub/sphone/

「窓学展―窓から見える世界―」 巡回展を2月28日より東北大学で開催

November 22, 2017

窓学10周年記念「窓学展―窓から見える世界―」巡回展@東北大学

[日時]2018年2月28日(水)-3月27日(火)10:00-17:00
[入場料]無料
[会場]東北大学 トンチクギャラリー(青葉山キャンパス 工学部人間・環境系教育研究棟 1階)〒980-8579 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-06
[お問い合わせ]東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻五十嵐太郎研究室 Email: igarashi.arch.lab@gmail.com

[トークイベント]
[日時]2018年3月5日(月) 19:00~(開場:18:30)
[会場]東北大学青葉山キャンパス 工学部人間・環境系教育研究棟 1階 土木大講義室
[登壇者]塚本由晴(東京工業大学大学院教授/アトリエ・ワン)、櫻井一弥(東北学院大学教授/SOYsource建築設計事務所)
[モデレーター]土岐文乃(東北大学大学院助教)
[参加費]無料
[予約]不要

[ アクセス ]
■電車 [仙台市営地下鉄東西線 仙台駅乗車青葉山駅下車]約10分
青葉山駅南1出口より人間・環境系教育研究棟まで徒歩3分
■タクシー[JR仙台駅]約20分

[特設サイト] http://madogaku.madoken.jp/exhibition/

窓学10 周年記念「窓学展―窓から見える世界―」 巡回展を10月21日より金沢工業大学で開催

October 13, 2017

窓学10周年記念「窓学展―窓から見える世界―」巡回展@金沢工業大学
2017年10月21日(土)~11月12日(日)
10:00-19:00(土・日・祝:10:00-17:00/会期中無休)
[ 入場料 ] 無料
[ 会場 ] 金沢工業大学ライブラリーセンター1階展示室
〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1
[ お問い合わせ ] 金沢工業大学環境・建築学部建築デザイン学科 宮下智裕研究室
Email: miyashitatlabkanazawa@gmail.com

[ 研究展示 ]    (50音順)

「窓の漫画学」 五十嵐太郎(東北大学)
「窓の環境制御学」 小玉祐一郎(神戸芸術工科大学)
「窓の民族学」 佐藤浩司(国立民族学博物館)
「窓の仕事学」 塚本由晴(東京工業大学)
「窓の記録学」 中谷礼仁(早稲田大学教授)
「窓のものがたり学」 原広司(原広司+アトリエ・ファイ建築研究所)
「窓の進化系統学」 村松伸+六角瑠美(東京大学)

[トークイベント]

[日時] 2017年11月10日(金)18:30~(開場18:00)
[会場] ライブラリーセンター2階イベントホール
[登壇者] 五十嵐太郎(窓学総合監修/「窓学展」展示ディレクター/東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻教授)
佐藤考一(金沢工業大学環境・建築学部建築デザイン学科教授)
[モデレーター] 宮下智裕(金沢工業大学環境・建築学部建築デザイン学科准教授)
[参加費]無料
[予約]不要

※席数が120席程度と限りがございます。お早めにお越し下さい。
※遠方からのお客様は駐車場をご利用になれます。警備員室にて、お伝え下さい。

[特設サイト] http://madogaku.madoken.jp/exhibition/

東京大学大学院建築史講義『マドの進化系統学 ―マドの向こうに人類の建築史が見える!』開講

September 8, 2017

全球都市全史で知られる、東京大学 村松伸教授が、窓学研究の一環として行う建築史講義『マドの進化系統学 ―マドの向こうに人類の建築史が見える!』が10/5より開講します。東京大学の学生だけでなく外部からも人数限定で聴講可能です(村松教授に要連絡)。詳細はポスターをご確認ください。

窓学10周年記念 窓学展/窓学国際会議 イベント特設サイトをアップデートしました

August 30, 2017

2017年9月28日(木)から10月9日(月・祝)までスパイラルガーデン(東京都港区)にて行なわれる、YKK AP窓研究所主催 窓学10周年記念エキシビション「窓学展―窓から見える世界―」およびシンポジウム「窓学国際会議―窓は文明であり、文化である―」の特設サイトをアップデートしました。

窓学展オープニングトークイベントおよび窓学国際会議の予約受付は9月10日(日)まで。

URL: http://madogaku.madoken.jp/

YKK AP「窓学」10周年、記念イベントを開催

April 24, 2017

エキシビション「窓学展窓から見える世界―」
五十嵐太郎、原広司、レアンドロ・エルリッヒ、ホンマタカシ、他多数の建築家や研究者、アーティストなどが参加

シンポジウム「窓学国際会議窓は文明であり、文化である―」
海外ゲストを含む招待講演者約20名による窓の研究発表
建築家や歴史家、社会学者、人類学者らが一堂に会し、“窓”を語る