ABOUT US

窓研究所について

“窓は文明であり、文化である”

一般財団法人 窓研究所は、「窓は文明であり、文化である」の思想のもと、窓と建築に関する多角的な知見の収集・発信に取り組むとともに、研究助成、文化事業の助成・開催をおこなっています。
窓研究所の主要な事業である「窓学」は、2007年にYKK APの主宰のもと開始された研究活動です。現在に至るまで、窓に特化した学際的な研究を、国内外の研究者・建築家とともに多角的に展開してまいりました。2013年には「窓学」を専門に推進する部署として「窓研究所」が設置され、国内外での出版、展覧会や研究会の開催などを通して、広く研究成果を公表し、建築、都市、社会への貢献を目指してまいりました。2018年7月には、窓学および建築文化に関する研究を公益的な観点からおこなうため、「一般財団法人 窓研究所」として活動を開始いたしました。
窓研究所は、研究活動および文化活動を振興するとともに、社会への啓発をおこなうことで、将来にわたって豊かな窓と建築文化の発展に寄与するべく、事業の充実をはかってまいります。

財団概要
名称:  一般財団法人 窓研究所(英語名 Window Research Institute)
設立者 :  YKK AP株式会社
理事長 :  吉田忠裕(YKK株式会社取締役、YKK AP株式会社取締役)
所在地:  101-0024 東京都神田和泉町1番地1号
設立日:  2018年7月24日
行政庁:  内閣府
定款:  定款(PDF)
基本財産:  1千万円(2018年7月24現在)
設立の目的 :  窓や建築にかかる社会、文化、産業の進歩と向上をはかるために、研究活動および文化活動を振興するとともに、社会への啓発をおこなうことで、将来にわたって豊かな窓と建築文化の発展に寄与する。

主な事業内容 :
(1) 窓に関する研究
(2) 窓に関する研究および芸術活動等に対する助成
(3) 建築文化に関する研究および文化活動等に対する助成
(4) 建築文化の発展に対して優れた功績を収めた個人、機関等への顕彰
(5) 窓や建築文化の知見を社会に普及、啓発するための発信活動