藤森照信の「百窓」

Terunobu Fujimori’s One Hundred Windows

古今東西の建築を見て回った建築史家の藤森照信氏が、日本全国の歴史的建築から、よりすぐりの魅力をもった「窓」を1件ずつ紹介するシリーズ企画。

December 9, 2021

藤森照信|第一回 平野家住宅の〈ガラス戸〉
光を通す魔法の障子がやってきた

古今東西の建築を見て回った建築史家の藤森照信氏が、日本全国の歴史的建築から、よりすぐりの魅力をもった「窓」を1件ずつ紹介するシリーズ企画。第1回は、明治から昭和初期にかけて住宅作家として活躍した保岡勝也の設計による平野家住宅の〈ガラス戸〉を採り上げます。和風住宅でも当たり前のように使われる〈ガラス戸〉ですが、これを実現させた初期の例がこの住宅です。

 

窓、といえば、日本はむろん世界の誰でも、窓枠やカーテンではなくガラスを思い浮かべるにちがいない。
古代ローマにスタートするガラス入りの窓は、しかし、日本の場合、遅れに遅れる。工芸用のガラスは知っていても、窓用の板ガラスについては知識も技術もなかったのだから仕方がない。やっと幕末、欧米列強の日本への接近の動きの中で、当時、唯一の開港場だった長崎に窓用ガラスが持ち込まれている。ひとつは長崎出島のオランダ商館で、在留するオランダ人の食堂、といっても木造の伝統的建築に何枚ものガラスをはめたガラス戸が用いられていた。

その後すぐ、1859年、江戸時代を通してオランダと中国のみに長崎での貿易を許してきた幕府は、ついに長崎、横浜、神戸の港を開き、待ちかねたように欧米列強各国の貿易商人は日本上陸を果たし、開港場の外国人居留地に次々と自分たちの商館と住宅を建ててゆく。これらの建築は洋風建築として建てられ、当然のようにガラス窓が使われていた。現在、残る例では長崎の〈グラバー邸〉(1862年)や〈オルト邸〉(1865 or 1866年)などが名高い。