WINDOW RESEARCH INSTITUTE

花明かり窓

読み方:はなあかりまど
同義語: 織部窓  墨跡窓  掛物窓 

茶室や数寄屋の床の間の脇壁にあけられた下地窓。床に掛けた墨蹟や花を見やすくするため、外光を採り入れる目的で設けられた。古田織部は下地の竹に花入掛釘(朝顔釘)を打ち、ここに花入れを掛けた。

Images From Articles (1)

Texts From Articles (1)