WINDOW RESEARCH INSTITUTE

水平連続窓

読み方:すいへいれんぞくまど
同義語: 水平連窓  リボン・ウィンドウ 
英語: horizontal window  ribbon window 

ル・コルビュジエが1926年から1927年にかけてまとめた「新しい建築のための5つの要点」、いわゆる「近代建築の五原則」において、「ピロティ」、「屋上庭園」、「自由な平面」、「自由な立面」とともに提唱された窓の形態。架構が外壁から独立したことで、内部を均等に照らし、何の障害もなく外部の眺望を得ることのできる水平に連続する横長の窓が可能になった。水平連続窓をめぐる代表的な論稿として、ブルーノ・ライヒリン「水平連窓の是非をめぐるペレとル・コルビュジエの論争」(The Pros and Cons of the Horizontal Window. The Perret- Le Corbusier Controversy、1984)がある。

Images From Articles (5)

Texts From Articles (5)