Today/Yesterday

Today/Yesterday
March 9, 2021

横溝静|Today/Yesterday #2

ロンドン在住のアーティスト、横溝静さんによる連載。日常が大きく変わりゆくなか、窓辺にさりげなく広がる日々の景色を写真とテキストで綴ります。2回目で取り上げるのは、コロナ前後の日常に見る「待つ」という感覚について。

 

キッチンの窓から、隣の庭の大きなコニファーが見える。日中その大きなコニファーの影になるのはこちら側の私達の住むフラットの庭だったから、好天が続いたロックダウンの間、隣家の女の子達は毎日デッキチェアを庭に出して日がな一日、日光浴をしていた。 春から初夏にかけて、このコニファーの大木にはたくさんの鳥がやってきた 。てっぺんには風見鶏のように少し形が鳥に似ている枝があって、たまに飛んできた鳥がその頭に当たる枝にとまるのを見つけると、庭の女の子達からは見えないようにキッチンの椅子に座り、双眼鏡で留まっている鳥を眺めた。たいてい枝の主な利用者はブラックバードやレンといったよく見る鳥だったけれど、高い木のてっぺんからあたりを見回してさえずっているブラックバードは、空を背景にしてちょっと偉そうに見えた。窓を開けると、近所の子供たちの遊ぶ声が入ってくる。空から飛行機が消えて、通りには車の音もしない。鳥の声と子供の声と、隣家の生活の音だけが聞こえて、なんだか夏休みみたいだ、と思う。