November 28, 2014

マッキントッシュ設計 ティールームの窓

塚本由晴研究室 (東京工業大学)

イギリス、グラスゴーにあるチャールズ・レニー・マッキントッシュ設計のウィロー・ティールームの窓。フィックス窓と両開き窓の組み合わせによる22の縦長の連窓が緩やかな曲線を描きながら並ぶことで通りに対して大きな開口部をつくっている。それぞれの窓はスチールサッシによってさらに小割りにされ、また1枚1枚に小さな鏡がはめ込まれている。

Willow Tearooms

Cafe / Glasgow, Scotland / Cfb

本コラムは、世界の窓辺とそのふるまいについて、東京工業大学 塚本由晴研究室との共同研究「窓のふるまい学」から抜粋したものです。