September 28, 2017

窓学10 周年記念「窓学展 ―窓から見える世界―」開幕

YKK APによる窓の文明・文化をまるごと楽しめる展覧会
窓学10 周年記念「窓学展 -窓から見える世界-」開幕

アートからアカデミックな研究まで、古今東西の窓の知見と魅力が集結

レアンドロ・エルリッヒ、ホンマタカシ、ミケーレ・デ・ルッキ、原広司、塚本由晴、五十嵐太郎ら12名のアーティスト、建築家、研究者が参加

YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、2017年9月28日(木)から10月9日(月・祝)、スパイラル(東京都港区)にて、窓学の10 周年を記念したエキシビション「窓学展―窓から見える世界―」を開催いたします。

YKK APは、「窓は文明であり、文化である」の思想のもと、2007年から窓を学問として多角的に研究する活動「窓学」を研究者・建築家とともに実施し、建築、文化、アートなど、様々な切り口で窓にアプローチしてきました。本展は、「窓学」10周年を機に、こうした窓をめぐる知性や感性を、世界共通の文化として俯瞰し、その魅力に新たなまなざしを向ける展覧会です。

本展では、過去10年間の窓学の多彩な研究成果をわかりやすく紹介し、幅広く窓を考え、感じることのできる展示を行ないます。アカデミックな分野からは、東京大学をはじめとする大学および研究機関より計8 名の研究者が参加し、研究展示を行ないます。さらに、アートの分野からは、レアンドロ・エルリッヒ氏、ホンマタカシ氏、鎌田友介氏の3名のアーティストが本展のために、新たに窓をテーマとした作品を制作・発表します。また、イタリアを代表する建築家のミケーレ・デ・ルッキ氏が特別展示を行ないます。

また、会期中、2017年10月3日(火)には、シンポジウム「窓学国際会議―窓は文明であり、文化である―」を開催いたします。

さらに、2017年10月1日、窓学10周年を機に窓研究所の新拠点として、「窓研究所アネックス」をYKK和泉ビルに開設いたします。今後、窓文化の浸透のため、新しいスペースを拠点に幅広い活動を行なっていきます。

 

■ Exhibition:窓学10周年記念「窓学展―窓から見える世界―」 概要

日時: 2017年9月28日(木)~10月9日(月・祝)11:00-20:00(会期中無休)
会場: スパイラルガーデン(スパイラル1F)東京都港区南青山5-6-23 TEL. 03-3498-1171(代表)
入場料: 無料
展示ディレクター: 五十嵐太郎(東北大学教授/建築史・建築批評家/「窓学」総合監修)
展示コーディネーター: 柴田直美(編集者)
会場構成: 西澤徹夫(建築家)
展示グラフィック: 岡本健(グラフィックデザイナー)
WEBデザイン: 大輪英樹(PULP 代表)
主催: YKK AP株式会社
特設ウェブサイト: http://madogaku.madoken.jp/

○作品展示
レアンドロ・エルリッヒ(アーティスト)
ホンマタカシ(写真家)
鎌田友介(アーティスト)

○研究展示
五十嵐太郎(東北大学教授/建築史・建築批評家/「窓学」総合監修)
小玉祐一郎(神戸芸術工科大学名誉教授/建築家)
佐藤浩司(国立民族学博物館准教授/建築人類学者)
塚本由晴(東京工業大学教授/建築家)
中谷礼仁(早稲田大学教授/歴史工学家)
原広司(東京大学名誉教授/建築家)
村松伸(東京大学教授/建築史家)
六角美瑠(東京大学生産技術研究所特任助教/建築家)

○特別展示
ミケーレ・デ・ルッキ(建築家)

○オープニングトークイベント
日時:9月28日(木)19:00-20:30
会場:スパイラルカフェ(スパイラル1F)
[参加費] 無料、要事前申込、逐次通訳付
登壇者:原広司(東京大学名誉教授/建築家)、レアンドロ・エルリッヒ(アーティスト)、五十嵐太郎(東北大学教授/建築史・建築批評家/「窓学」総合監修)

 

■ 展覧会の見どころ

○レアンドロ・エルリッヒによる「窓」の新作アート展示 と原広司の研究展示の交流

金沢21世紀美術館の作品『スイミング・プール』で知られるアルゼンチンのアーティスト、エルリッヒ氏は、父親などの親族3名が建築家という、建築への造詣も深いアーティストです。本展では、2008年度に窓学で「窓のものがたり学」を研究した、建築家であり東京大学名誉教授の原広司との交流がおりなすファンタジックな窓のアートが表参道に誕生します。「窓という要素は、最も詩的で隠喩的なポテンシャルを持っている」というエルリッヒ氏は、童話や小説に登場する窓をとりあげる原広司氏の窓学研究「窓のものがたり学」と呼応するかたちで、窓が本来持つ力を呼び起こし窓の創造力を掻き立てる新しい作品を制作しました。

 

○ミケーレ・デ・ルッキと窓学

イタリア人の建築家でありデザイナーであるデ・ルッキ氏は、2005~2006年に、窓学誕生のきっかけとなったYKK AP株式会社のリサーチ・プロジェクトに参加しました。本展ではデ・ルッキ氏がこのリサーチの際に制作したペインティングを2点公開します。また2014年にデ・ルッキ氏が窓研究所のインタビューを受けた際に描き、本展覧会のメインビジュアルでもあるドローイングもあわせて初公開します。窓を建築における最も重要な要素であると考えるデ・ルッキ氏は、“There is always a good reason to open a window smiling!”(笑顔で窓を開けることがとても大切だ。窓を開け、世界に挨拶しよう!)というメッセージを綴っています。