小宮山洋(プロダクトデザイナー)

Yoh Komiyama (Product Designer)

1980年東京生まれ。窓研究所立ち上げメンバー。多摩美術大学卒業後、建築事務所を経て、メーカーにてプロダクトデザイナーとして活動後、2011年より東京・上海にYOH KOMIYAMA DESIGNを設立。プロダクトデザインを基軸に国内外の企業・組織のR&D(研究開発)のサポート、ハードウェアやサービスの立ち上げ、ブランドのディレクションまで多領域を扱う。近年は、ジェネラティブなアプローチや、プロトコルから対象を考えルールを設計することでモノづくりの新しいカタチを探っている。主な仕事に、国内ではカリモク家具による「Karimoku Cat」や、蔦屋書店初のデジタルプロダクト「T Air」のプロダクトデザイン。東京都美術館「TC&D」での作品展示。国外ではミラノサローネ「ventura projects」にてリサーチプロジェクト「mold」を発表。INTERNI「‘FEEDING’ New Ideas for The City」、parisのセレクトショップ「merci」での展示。また受賞歴に、MUJI AWARD GOLD PRIZE、Red Dot Design Award、Design for Asia Award、GOOD DESIGN AWARD、等。

November 13, 2020

ドレーキップ窓

1つの窓に内側に水平回転して開く「内倒し」と内側に鉛直回転して開く「内開き」2つの開閉機能が付いた窓を「ドレーキップ窓」と呼ぶ。ドイツで生まれた開閉方式で、ドイツ語のドレーン(回す)とキッペン(傾ける)を合わせた言葉。

October 27, 2020

横すべり出し窓

上框が回転軸となり、窓枠の左右に設けられた溝またはレールに沿って上下に移動しながら、下框が外部に回転して開閉する窓を「横すべり出し窓」と呼ぶ。回転と垂直移動を同時に行う。

July 30, 2020

縦すべり出し窓

左右どちらかの框が回転軸となり、窓枠の上下に設けられた溝またはレールに沿って左右に移動しながら、もう一方の框が外部に回転して開閉する窓を「縦すべり出し窓」と呼ぶ。回転と水平移動を同時に行う。

June 2, 2020

電動窓

スイッチやリモコン操作により、主に電気による動力で開閉できる窓を「電動窓」と呼ぶ。直接触れずに開閉が行えることから手の届かない場所への設置や重量のある窓を開閉させる用途に使われる。近年はインターネットテクノロジーと結びつくことでスマートフォンからの開閉操作も可能になっている。

April 22, 2020

高所用窓

吹き抜けなどの高いところに設置し、暖かい空気が上へと移動する性質を利用した「重力換気」を可能にする窓。スイッチやリモコン操作、もしくはボールチェーン(手動)で開閉を行う。ボールチェーンによる開閉が特徴的で、窓を開閉させる軸とチェーンが連動しており遠隔でチェーンを引くと窓が開閉する。

Featured
December 18, 2019

両開き窓

戸がそれぞれ左右の端部を軸に、中央から左右に水平回転する開き方。内側に開くものと外側に開くものとがある。左右の戸が同寸で1方向に開くものを「観音開き」、左右を大小の戸にするものを「親子開き」という。16世紀以降フランスで使われている掃き出しの観音開きの窓を「フレンチウィンドウ」と呼ぶ。

June 12, 2019

上げ下げ窓

2枚以上の戸を平行した2本以上の溝またはレールの上を鉛直移動させることによって開閉する窓を「上げ下げ窓」と呼び、上下2枚とも動く。主にイギリスの石造りの住宅で発展し、現在もイギリスの他アメリカで多く用いられている。

May 15, 2019

引違い窓

2枚以上の戸を平行した2本以上の溝またはレールの上を水平移動させることによって開閉する窓を「引違い窓」と呼び、左右2枚とも動く。日本古来の開閉方式で、その原型は平安時代の遣戸(やりど)まで遡ることができ、現在も日本の住宅で多く用いられている。