横溝静(アーティスト)

1966年に東京に生まれ、1995年にロンドン大学ゴールドスミス校の美術修士課程を卒業。以後ロンドンを拠点に活動し、写真や映像の特性を用いることで自己と他者の関係性に注目した作品の発表を続けている。主に人物を被写体としてきた横溝の作品は、自己に還元できない他者の在り方や他者の構造を問いかけ、不可視の要素が内在するものを探りながら認識や実存という普遍的な課題に言及する。これまで、友人が眠りについた姿を写した《Sleeping》(1995-97)、見知らぬ他者との言葉を交わさぬ邂逅を撮影した《Stranger》(1998-2000)、イメージの虚構と実在を見つめた《all》(2008-10)などの作品を発表。近年はその中でもイメージの起源や生成される契機に注目し、作品に文化人類学的な視点を織り込みながら言及先を人物像以外にも発展させている。2000年代に参加した主な展覧会に、2010年六本木クロッシング(森美術館)、2015年アーティスト・ファイル 2015(国立新美術館)、2016年Japanese Photography from Postwar to Now, (SF MOMA)、2018年第10回恵比寿映像祭(東京都写真美術館)、 2019年MAMコレクション011(森美術館)等がある。

August 27, 2020

横溝静|Today/Yesterday #1

ロンドン在住のアーティスト、横溝静さんによる新連載。日常が大きく変わりゆくなか、窓辺にさりげなく広がる日々の景色を写真とテキストで綴ります。1回目で取り上げるのは、かつて芸術家のコロニーと呼ばれた西ロンドンに位置し、代々アーティストが暮らしてきたというの家のはなし。