第16回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 2018

EXHIBITION REPORT: THE 16TH INTERNATIONAL ARCHITECTURE EXHIBITION, LA BIENNALE DI VENEZIA 2018
New
November 16, 2018

「FREESPACE」を窓から覗く PART 3

HOLY SEE PAVILION/ローマ法王庁パビリオン
アンドリュー・バーマン

キュレーター:
フランチェスコ・ダル・コ(建築史家/ヴェネチア建築大学教授/「カザベラ」編集長)、ミコル・フォルチ(ヴァチカン美術館現代美術部門ディレクター)

参加建築家:
ノーマン・フォスター(英国)、 藤森照信(日本)、フランチェスコ・セリーニ(イタリア)、アンドリュー・バーマン(米国)、ハビエル・コルヴァラン・エスピノラ(パラグアイ)、 フローレス&プラッツ(スペイン)、カーラ・フアサバ(ブラジル)、スミルハン・ラディック (チリ)、エドゥアルド・ソウト・デ・モウラ(ポルトガル)、ショーン・ゴッドセル (オーストラリア)、マップ・スタジオ:フランチェスコ・マグナーニ+トラウディ・ペルゼル(イタリア)

サンマルコ広場の対岸から運河を挟んで向かい側に浮かぶサン・ジョルジョ・マッジョーレ島は、アンドレア・パラディオが設計したサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会と元・修道院が島のほとんどを占める。806年、ナポレオンの命令によって修道院が閉鎖された後、ヴィットリオ・チーニ伯爵が1951年に島を買い取るまで、150年にわたり軍事占領され、荒廃していたという。チーニ伯爵が設立したジョルジョ・チーニ財団は、この島を復興・修復し、文化的な拠点とすることを目的としており、元・修道院を拠点にしている。2012年にガラスに関する作品のための展示スペースル・スタンツェ・デル・ヴェトロがオープンし、2014年にその前庭で杉本博司がガラスの茶室「Glass Tea House Mondrian/聞鳥庵」を発表するなど、ビエンナーレを訪れる人々にとっても馴染みの島となりつつある。

2013年からナショナルパビリオンの一つとしてヴェネチア・ビエンナーレに参加しているバチカン市国(国際建築展への参加は初)が今回、敷地としたのは、サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会の奥にある森。ローマ法王庁文化評議会議長を務めるジャンフランコ・ラバジ枢機卿がコミッショナーとなり、フランチェスコ・ダル・コとミコル・フォルチがキュレーターを務めた。1920年にグンナール・アスプルンドが森の墓地(Skogskyrkogården)に設計した森のチャペルに着想を得て企画されており、建築家たちが「チャペル」をそれぞれの理解で展開している。ヴェネチアに拠点を置くマップ・スタジオが設計したアプルンド・パビリオンと10組の建築家によるバチカン・チャペルと名付けられたフォーリーが豊かな森の中に点在する。

アンドリュー・バーマンが設計したチャペルは、正三角形のプランで、開放された一辺はヴェネチアの潟を見晴らすポーチになっており、何人かで座ることができる。ポーチの裏側にある内部は暗闇の空間で、角の上部にある切り込みから眩しい光が差し込んでおり、自分の内面と向き合う空間となっている。パンテオンが建てられた紀元前から今日にいたっても、高所から光を通す窓は宗教建築がもつ神聖さと切り離せない普遍性を持つ。この島で修道士たちが祈りを捧げていた1000年前から変わらない光が降り注ぐ一角は、ついその下で空を見上げてしまう魅力がある。

  • ©Akiko Tsukamoto (Window Research Institute)
    白く塗装した木の構造に半透明のポリカーボネート板で仕上げてある。内装は黒い塗装の合板である。特定のスタイルを持たず、森の環境になじむように設計されている。
November 4, 2018

「FREESPACE」を窓から覗く PART 2

アルセナーレ会場
ROZANA MONTIEL ESTUDIO DE ARQUITECTURA

メキシコを拠点とするロザナ・モンティエルにとっての「FREESPACE」は、空間を自由にすることと、自由に振る舞うことであり、場所づくりのアクションのための空間である。また彼女は、建築を「social construction(社会的建設)」となぞらえ、「美しさとは贅沢なものではなく、要件と機能から切り離すことはできない基本的なサービスである」という。

「Stand Ground」というこのインスタレーションは、中世の国立造船所跡であるアルセナーレ会場にある、コルデリエ(Corderie)と呼ばれる船を係留するロープなどの製造所だった長い柱廊の空間にある。「change barriers into boundaries(障壁を境界に変える)」という彼女の設計理念をそのまま表すように、垂直に立っていた壁面が地面に敷かれた。アーチ型の窓もそのまま再現された床になった壁面の代わりに、外部世界のいきいきとした生活の様子がわかる映像が壁面に投影されている。垂直に空間を隔てていた壁を壊すことで、閉ざされた展示空間と窓から見える風景が一体になっており、通常は垂直に見ている窓が平面となり、その横を歩くという不思議な体験ができる。展示壁は、リサイクルされたヴェネチアの煉瓦を使用し、実寸で床に再現された。

彼女は建築を作るというプロセスによって、その場所が変わるということに正面から取り組み、その場所を活性化させる「FREESPACE」を作るために以下の実践を行なっている。

1. コンテクストの中でコンテンツを探すーコミュニティとの協力
2. 障壁を水平線に転換するーオープンなコミュニケーション
3. 空間の認識を変えるー創造的に空間を使う
4. 周辺景観を既存要件とするー既存のインフラの再活用
5. マテリアルを再指定するーテクスチャーで場の雰囲気を作り出す
6. 一時的に働くー都度の要求の変化に対応
7. 美しさは基本的な権利の一つであると信じる

  • 壁面には、壁面の向こうのヴェネチアの運河の様子が同時中継で投影されている。
    Photo by Sandra Pereznieto
September 7, 2018

「FREESPACE」を窓から覗く PART 1

2018年5月26日(土)から11月25日(日)まで、イタリア、ヴェネチアにおいて、第16回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展が開催されている。総合ディレクターに指名された、アイルランド、ダブリンを拠点とするグラフトン・アーキテクツ(Grafton Architects)の代表、イヴォンヌ・フェレルとシェリー・マクナマラによって、総合テーマはFREESPACEとされた。

グラフトン・アーキテクツはミラノのボッコーニ大学経済学部、リマの工科大学「UTEC」、リムリック大学医学部、現在、建設中のトゥールーズ第1大学経済学部などの大学施設をはじめ、公共性が高い建物の設計を多く手がけている。第13回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展で、建築は「建設される地理」としてランドスケープを再構成する一部であると捉え、その場固有の地理的・文化的特性を起点に対話によって設計を進める手法を展示した「Architecture as New Geography(新しい地理学としての建築)」で、銀獅子賞を受賞している。

本展では、各国館や出展建築家に彼ら自身が考える「FREESPACE」を提示してもらうことで、建築の多様性や特異性、連続性などを解き明かす、としている。

数多い展示物の中から、窓に関係するものを紹介するが、各国館や展示そのものが、それぞれが見せる「FREESPACE」への窓(windowは知る機会、手段という意味も持つ)とも言えるだろう。


中央館
CARUSO ST JOHN ARCHITECTS with PHILIP HECKHAUSEN

「The facade is the window to the soul of architecture(ファサードは建築の根源への窓である)」というタイトルが示すように、長きにわたってファサードが建築のディコースから外れていることに対するアンチテーゼ。積み重ねた経験に裏打ちされた、カルソ・セント・ジョン・アーキテクツ(Caruso St John Architects)だからこそのステートメントである。彼らの建築作品の立面図と彼らが影響を受けた建築のファサード写真(撮影:フィリップ・ヘックハウゼン)を上下に並ベ、壁面に展示している。歴史に敬意を払い、周囲の既存の建築と調和するデザインを導き出すカルソ・セント・ジョン・アーキテクツの信念と設計手法を垣間見ることができるような展示である。

例えば、2015年にロンドンで竣工した、(アーティストのダミアン・ハーストのコレクションを展示するギャラリーとして知られる)ニューポート・ストリート・ギャラリー(Newport Street Gallery)の立面図が上に、ミラノのダニエル・マニン通りやロンドンのニューポート通りの写真が下に、というように構成されている。ニューポート・ストリート・ギャラリーは1913年に当時全盛の演劇のセットをつくる工房として建てられた3棟のヴィクトリア朝建築を新築した2棟の現代的な建築で挟んでいるが、新築した建物にもヴィクトリア朝建築(1837~1901年)の特徴である赤煉瓦が用いられて、ファサードを繋いでいる。5つの建物は違いがありながらも似通っており、印象的な通りの表情を生み出している。

ヴィクトリア朝の倉庫建築は産業革命による経済の発展が成熟に達した英国の絶頂期の象徴でもあり、「このような建築は時代を超えて使い続けることができ、プログラムが時代に合わせて変化していっても、物理的な存在感や建物のイメージは都市を形づくっている大事な要素であり続ける。」とカルソ・セント・ジョン・アーキテクツは言う。