January 31, 2017

窓がつくる社会、社会がつくる窓

町村敬志 (一橋大学社会学研究科教授)

「幸せ」な窓の時代は終わってしまったのか?

「窓のある社会」と「窓のない社会」のどちらがよいか。もしこう問われれば、ある方がよい、と多くの人は答えるでしょう。だが人口減少へと向かう日本において、増えている空き家の窓は、衰退していく社会を象徴する存在となりつつあるように見えます。また「安全・安心」の強調される時代に、災厄を呼び込む可能性のある窓は、ときにやっかいなものと見なされることさえあります。
しかしそれでも「窓」は大切である。社会学はこう考えます。

社会学は多彩な視角と方法により、社会と人間に関わる幅広いテーマに取り組んできています。そこで本プロジェクトでも社会学のこの特徴を生かし、専門を異にする複数の社会学者からなるチームを作り、「窓の社会学」という新しいテーマに取り組みました (下図) 。

  • 浜日出夫 慶應義塾大学文学部教授
    西川純司 神戸松蔭女子学院大学講師
    町村敬志 一橋大学社会学研究科教授
    山本理奈 東京大学大学院総合文化研究科助教
    原田 豊 科学警察研究所 犯罪予防研究室 特任研究官

社会と窓の二重の関係       

「社会と人間のつくる空間」はどのような「かたち」をとっていくべきか。窓を考察することからそのヒントを得ること。逆に、より望ましい窓のかたちをそこから考え直してみること。私たちの課題はこのように要約できます。共同作業の結果、明らかになったのは、「社会」と「窓」の間には、二重の規定関係があるという、シンプルだが基本的な事実でした。

「社会が窓をつくる」という側面、そして「窓が社会をつくる」という側面が、相互に連関・循環をしながら、人間の暮らす世界を創り上げ、また変化させていく。図でも示したように、多くの「問い」がさらにそこから浮かび上がってきました。

「窓のある社会」を守るために

窓とは人を幸せにするものです。窓のない家が味気ないものであるように、窓のない社会もまたさびしいものです。「窓のある社会」を守るためには何が必要か。これはとてもむずかしい問いです。

しかしまずは、窓がもたらしてくれる「喜び」の経験、そしてそこから引き出される「幸福」の力を、私たち一人ひとりが忘れないようにすること、このことが大切です。「社会が窓をつくり、窓が社会をつくる」という循環の構造のもとで、「窓」がもつ原初的な力を再確認していくこと、これが以下の主題でもあります。

では、「窓の社会学」の世界へと足を踏み入れていくことにしましょう。

Ⅰ メディアとしての窓 【原論】浜日出夫
Ⅱ 「見えない光」と窓 【歴史】西川純司
Ⅲ 窓が増える社会、減る社会 【変動】町村敬志
Ⅳ 超高層マンションと窓 【表象】山本理奈
Ⅴ 「窓」の犯罪学 【応用】原田 豊

 

町村敬志/Takashi Machimura
1956年北海道生まれ。1979年に東京大学文学部卒業、1984年に東京大学大学院社会学研究科博士課程中退(2013年東京大学・博士(社会学))。1984年東京大学文学部助手、1988年筑波大学社会科学系講師、1991年一橋大学社会学部助教授を経て、1999年一橋大学社会学部教授、2001年同社会学研究科教授へ配置換え(現在に至る)。このほか、1993-1995年カリフォルニア大学ロサンゼルス校客員研究員、1999年北京日本学研究センター訪問教授など。主な著作として、町村敬志(2011)『開発主義の構造と心性――戦後日本がダムでみた夢と現実』御茶の水書房、町村敬志・西澤晃彦(2000)『都市の社会学』有斐閣、町村敬志(1999)『越境者たちのロスアンジェルス』平凡社、町村敬志(1994)『「世界都市」東京の構造転換―― 都市リストラクチュアリングの社会学』東京大学出版会。