New
October 10, 2017

イスタンブール モスクの窓

塚本由晴研究室 (東京工業大学)

イスタンブール、モスクの窓。アルコーブ状の窓辺に人が入れるようになっている。室内側には両開きの木製の扉が取りつけられ、アルコーブ状の空間を開閉できるようになっている。外側には両開き (内開き) の建具、その上部にはフィックスの建具が設けられており、さらにその外側には鉄格子が嵌められている。

Suleymaniye Camii

Mosque / Istanbul, Turkey / Cfb

本コラムは、世界の窓辺とそのふるまいについて、東京工業大学 塚本由晴研究室との共同研究「窓のふるまい学」から抜粋したものです。