July 10, 2017

WindowScape 3 窓の仕事学

東京工業大学 塚本由晴研究室

窓のまわりには、光や風などの自然のふるまい、そこに寄り添う人間のふるまいが集中する──世界各地の多様な窓を調査した東京工業大学 塚本由晴研究室による窓学、「窓のふるまい学」。その研究成果である『WindowScape』シリーズの第三弾となる本書では、陶芸から塩、食品加工まで、伝統的な手仕事の現場における日本各地の「働く窓」について調査。地域ごとに特色ある手法や独自の価値観をもつ現場における、もの、人、自然、街を相互に連関させる“窓”のあり方を考察していきます。

『WindowScape 3 窓の仕事学』
著者:東京工業大学 塚本由晴研究室
出版: フィルムアート社
出版年: 2017年

  • 『WindowScape 3 窓の仕事学』より